ワキの臭いと多汗症対策

ワキの臭いと多汗症対策

夏場は特にきになってくるのが汗のにおいですね。

冬でも室内でスリッパをはいていると、靴下がびっしょりになるぐらいの汗をかいたりするのが多汗症です。

部位はその人によって違いますから、脇がだけひどく汗をかくとか、手のひらだけかくとか、それぞれ違うでしょう。

この多汗症治療では、しわのプチ美容整形でつかわけるボトックスが有名です。

ボトックス治療は、手掌や足、わきの汗を注射で抑える事ができます。

手術で、汗腺をとるという治療ありますが、やっぱりメスは怖いと言う人もいるでしょうから、選択肢の一つです。

ワキガの原因が多量の汗である場合は、有効な治療だと思います。

ただ、しわの治療のボトックスと同じように、多汗症ボトックス治療も、効果は永遠ではありませんので、約6?12ヶ月程度と考えると、一年に1回ぐらいはやらないとなません。

汗腺の深さに正確にボトックス治療を行わないと、筋肉の動きが悪くなるので、治療経験が豊富な医師であること、また、アラガン社製のボトックス副反応が少ないので、その製品を使用する医療機関がいいでしょう。

治療目的以外では、保険がききませんが、多汗症の場合は保険がききますので、形成外科でもやっていると思いますので美容クリニックでなくともできるはずです。
腋臭の悩みが、臭いの方がおおきいのならば、いきなり手術をするのではなく、臭いを防ぐ対策をするといいと思います。

キの臭い対策にはいろいろな方法があるので、それらを試してみてからでも遅くはありません。

ワキの臭いと多汗症対策関連ページ

美容クリニックを選択するヒント
若返り美容整形を決意したとしても、問題になってくるのは、クリニック選び
形成外科、美容外科の違いを知っていますか?
「美容整形」という言葉を良く使いますが、正式には「美容外科」というべきなのかもしれません。
二重まぶた整形が一番人気
メスを使わずに、糸を通すだけで、二重整形埋没法と、メスを使って切ってつなぐ、二重整形切開法
二重まぶたエクササイズ-自力で二重に
二重瞼にするエクソサイズやマッサージというものもあります